2006年度舞妓絵
更新日 2007.01.01
2006年度は、全展と市民美術展の2回ほどしか出してない
市民美術展は、F10号の以前描いた絵だから実質的には、1回だけである
その分、京都へ3回も気合い入れて行った。かなりの物いりで資料集めに奔走した年だった
要は写真が活動のメインの年でした、去年かなり無理して気張って描いたけどたいした評価はなかった
その反動で絵の方は、おろそかになったというのが誘因、年末に思い切って全展会友を辞めた
苦労した割には報われないので 07年はフリーとなり初心に返ってやろうと思う


全日本美術協会公募展
2006年度全展出品作品
2006年8月
東京都美術館
F40号、日本画
同年4月に行った京おどりの
舞妓から描いている
花車の文様と
黄色の図柄の舞妓の顔は
は自分でも
よく描けたと気に入っている
2007年度公募展
出品予定作品
 F40号、日本画
美人画のパターンのように
薄くさらっとした画風に仕立てた
どうしても濃くなってしまうのを
意識的にさけ
清楚な感じに工夫したつもり
図柄は、自分のアレンジ
2005年10月に上野松坂屋
京都フェアで写した宮川町舞妓
ふく雛さんを元に描いている


Go Homepage Top

inserted by FC2 system